Category [写真で親しむ地理 ] 記事一覧

スポンサーサイト

奈良その2

法隆寺(ほうりゅうじ)にやってきました。法隆寺は、奈良県斑鳩町にある寺院です。聖徳太子ゆかりの寺院で、世界最古の木造建築になります。ユネスコの世界遺産(文化遺産)に登録されています。西院伽藍と呼ばれている金堂、五重塔、中門、回廊は聖徳太子の時代のものではなく、7世紀後半頃の再建であることが判明していますが、それでも世界最古の木造建造物群であることは間違いないと言われています。下は中門です。門内の左...

奈良その1

東大寺(とうだいじ)にやってきました。東大寺は奈良市の寺院です。奈良時代に聖武天皇が「総国分寺」として建立した寺です。東大寺は「古都奈良の文化財」として、世界遺産に登録されています。近鉄奈良駅前。行基(ぎょうき)像が迎えてくれます。行基は大仏造立に協力しました。大仏造りのような大規模プロジェクトは、民衆への負担が大きいので、民衆に人気のある行基のような人物の協力が不可欠でした。下は南大門です。門内に...

京都その4・彦根

彦根城(ひこねじょう)にやってきました。彦根城は滋賀県彦根市にある城郭。江戸時代のまま現存する天守閣などの、多くの国宝を有し、世界遺産の登録をも目指しています。ちなみに姫路城、松本城、犬山城、彦根城を国宝4城といいます。彦根駅前の銅像は、徳川家康に仕え、彦根藩の藩祖となった井伊直政です。以後、江戸時代を通じて彦根藩井伊家は、別格の譜代大名として、幕府の最高職である大老を出す家柄となりました。その最...

京都その3

仁和寺(にんなじ)にやってきました。仁和寺は、京都市右京区にある寺院です。「古都京都の文化財」として、世界遺産に登録されています。中学校の古典で習う「徒然草」「仁和寺にある法師」の章でも有名ですね。また仁和寺の桜は「御室桜」と呼ばれ、満開は例年4月20日過ぎと遅咲きです。二王門です。いきなり迎えてくれます。すごくデカイです。左右に金剛力士像があるため、二王門というらしい。下は金堂(国宝)です。元は皇...

京都その2

京都御所(きょうとごしょ)を参観してきました。京都御所は、京都市上京区にある御所です。東京遷都まで歴代の天皇が住んでいました。現在も、皇室の京都行幸の際の宿泊や、国賓の宿泊に使用されています。また一般人でも宮内庁に参観申請をすると参観出来ます。まずは御車寄(おくるまよせ)です。昇殿を許された者の玄関口です。次に諸大夫(しょだいぶ)の間です。正式な用向きで参内した者の控える建物。ふすまの絵にちなんで...

右サイドメニュー

検索フォーム

ブロとも申請フォーム

QRコード

QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。