Category [歴史エピソード ] 記事一覧

スポンサーサイト

若者たちの「最後の言葉」に学ぶ平和の尊さ

若者たちの「最後の言葉」に学ぶ平和の尊さ先の大戦では多くの若者が戦場に散っていきました。現代に生きる私たちは彼らの「最後の言葉」から多くのことを学ぶことができます。今回は海軍少尉・植村真久さんの遺書と後日談を紹介します。海軍少尉 植村真久 享年二十五歳 素子(もとこ) 素子は私の顔をよく見て笑いましたよ。私の腕の中で眠りもしたし又お風呂に一緒に入ったこともありました。素子が大きくなって私のことが知...

向田邦子作品に学ぶ「東京大空襲」

向田邦子作品に学ぶ昭和史その2は、1945年3月10日の東京大空襲です。向田邦子作品に学ぶ「東京大空襲」三月十日。 その日、私は昼間、蒲田に住んでいた級友に誘われて潮干狩に行っている。寝入りばなを警報で起こされた時、私は暗闇の中で、昼間採ってきた蛤(はまぐり)や浅蜊(あさり)を持って逃げ出しそうとして、父にしたたか突きとばされた。「馬鹿!そんなもの捨ててしまえ」 台所いっぱいに、蛤と浅蜊が散らばっ...

向田邦子作品に学ぶ「学童疎開」

教科書や入試問題でもおなじみの名脚本家・エッセイストの向田邦子氏。退屈な文章が多い教科書の中で、彼女の作品が出てくると、ぐいぐい引き込まれ、続きが読みたくなってしまう経験を多くの人がしたことと思います。今回と次のエントリーは、向田邦子に学ぶ昭和史。現代の子どもたちにも、当時の雰囲気を名人の文章で味わってもらいたいと思っています。(国語の勉強にもなると思います)向田邦子作品に学ぶ「学童疎開」 終戦の...

織田信長

織田信長エピソードのプリントをupします。個人としてダウンロードしてご家庭で活用されるのはご自由に。商用利用はご遠慮ください。織田信長エピソード再upです。にほんブログ村...

源平の戦い

源平の戦いについて、出題する学校が増えています。源平の戦いは「治承・寿永の乱(じしょう・じゅえいのらん)」と言われます。大武士団である源氏と平氏が1180年から1185年にかけて全国で争った戦いです。❶石橋山の戦い(○平氏VS源氏×)1180年平家打倒のため、挙兵した源頼朝だったが、相模(さがみ)国の石橋山の戦いでは大敗した。頼朝はその後、山に隠れているところを、敵の梶原景時という武士に見つかったが、...

右サイドメニュー

検索フォーム

ブロとも申請フォーム

QRコード

QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。