Entries

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

函館市

北海道シリーズもこれで終了です。最終回は函館市。

函館市はハイカラ(洋風で洒落ている)な町並みで、美しい坂が多くある町としても知られています。
中学受験社会のブログ-八幡坂
まず「八幡坂」。TVやCMでもよく使われる最も有名な坂です。残念ながら撮影した日の函館は断続的な豪雨で、曇りがち、湿りがちな雰囲気です。まあこれはこれで風情があるような。
中学受験社会のブログ-大三坂
大三坂は石畳のきれいな坂で、周囲にはハリストス正教会などの教会群があり、いい雰囲気です。
中学受験社会のブログ-二十間坂
二十間坂。二十間というのは36mぐらいで、とにかく広い道はばです。函館は昔から大火の多い町で延焼(火事の燃え広がり)を防ぐために、この広さが必要とされたようです。
中学受験社会のブログ-基坂
基坂です。坂の上には元町公園、旧函館区公会堂や旧イギリス領事館などがあり、観光名所も多い。

元町周辺は、洋風建築が多く、最も人気の高い観光スポットとなっています。
中学受験社会のブログ-末広町
中学受験社会のブログ-ハリストス
ハリストス正教会です。「正教」とはキリスト教の宗派のひとつ。この教会は幕末に建立されたのが始まりですが、その後明治時代に大火で全焼してしまいました。現在の聖堂は大正時代に再建されたものですが、国の重要文化財に指定されています。ハリストスとはキリストの意味です。
中学受験社会のブログ-元町教会
カトリック元町教会です。ハリストス正教会のすぐそばにあります。こちらもハリストス正教会と同様に、大火で類焼した後に大正時代に再建されたものです。
中学受験社会のブログ-旧函館区
旧函館区公会堂です。1910年につくられた明治洋風建築の代表例ともいうべきものです。左右対称形の建築物です。
中学受験社会のブログ-函館区立内部
旧函館区公会堂の2階大広間です。
中学受験社会のブログ-函館区立洋装
明治時代の洋装(西洋風の服装)の復元です。明治政府は東京に鹿鳴館(ろくめいかん)をつくったりして、欧化政策(おうかせいさく)を推進しました。その大きな目的として、不平等条約の改正がありました。不平等条約とは1858年以降結ばれた各国との修好通商条約のこと。その中に治外法権を認めることと関税自主権がないことの取り決めがあり、これらを正常化することが明治政府の大目標だったのです。

中学受験社会のブログ-開拓使
旧開拓使函館支庁書籍庫です。開拓使(かいたくし)とは、明治時代の初期に北海道の開拓のために置かれた役所です。
中学受験社会のブログ-道庁函館支庁
旧北海道庁の函館支庁庁舎です。現在は「写真歴史館」として、函館の歴史を伝える写真機器や史料を展示しています。
中学受験社会のブログ-旧英国
旧イギリス領事館です。この建築物は大正時代につくられたもので、現在は函館開港の歴史を伝える展示室やレストランとして使用されています。
中学受験社会のブログ-英国領事内部
旧イギリス領事館です。人形は幕末から明治にかけてのイギリス領事・リチャード=ユースデン領事。
中学受験社会のブログ-ペリー
この銅像はご存知、アメリカ海軍東インド艦隊司令として日本を開国させたマシュー・カルブレイス・ペリー。1853年に浦賀に来航し、翌1854年1月に今度は神奈川に来航したペリーは日米和親条約の締結に成功しました。条約の内容として、下田・函館(当時は箱館)の2港を開港する、というものがあり、同じ年の5月にペリー艦隊は函館港を訪れています。滞在中には函館湾の海図を作成したり、写真術の初公開、西洋音楽の演奏などを行い、当時の日本の人々の驚きの様子が記録として残っています。

中学受験社会のブログ-摩周丸
本州から北海道に行くために現在では飛行機や青函トンネルなどを利用します。1988年に青函トンネルが出来る前は(ちなみに同じ年に瀬戸大橋も開通し、本州と四国が一体化しています)、船で行き来をするのが普通でした。これを青函連絡船といいます。この摩周丸もかつては連絡船として使用されていたものであり、現在は船内を改造し「連絡船記念館」として、数々の歴史資料の展示がされています。


中学受験社会のブログ-朝市
函館といえば朝市、朝市といえば函館、というぐらい有名です。400軒以上もの店がひしめきあっていて、朝5時から威勢のいいかけ声が飛びかっています。
中学受験社会のブログ-函館丼
朝市のどんぶり横丁では新鮮な海の幸をいただけます。うに!えび!いくら!丼。すごすぎる。
中学受験社会のブログ-赤レンガ
函館ベイエリアでの人気スポットは、この金森赤レンガ倉庫。この倉庫群は単に倉庫としてだけでなく、ショッピング、レストラン、ビアガーデンなど様々に利用されています。
中学受験社会のブログ-高田屋
赤レンガ倉庫のそばにあるのが、高田屋嘉兵衛(たかだやかへい)記念館。江戸時代に淡路島に生まれた嘉兵衛は、28才のときに「辰悦丸」で蝦夷地にやってきました。嘉兵衛は函館を拠点に択捉航路を開き、北洋漁業の基礎を築きました。また19世紀初頭の蝦夷地では、ロシアと江戸幕府の間で危険な状況がおきていました。ロシア艦船ディアナ号艦長ゴロウニンは1811年に国後島で幕府に捕われてしまいました。翌年リコルドが率いるデイアナ号によって身代わりとして捕われたのが嘉兵衛でした。嘉兵衛はカムチャッカ半島に連行され八ヵ月間帰してもらえませんでした。しかし嘉兵衛はこの間に覚えたロシア語でゴロウニン釈放に力をつくし、国際紛争の折衝役を果たしたのでした。この功績はゴロウニンが記した「日本幽閉記」にも紹介され、今日の日本とロシアの民間外交の基礎を築きあげたのです。

中学受験社会のブログ-五稜郭空撮
五稜郭(ごりょうかく)を五稜郭タワーから見た写真です。五稜郭は、江戸時代末期に函館市に建造されたお城で、めずらしい星形の形をしていることでも有名です。
中学受験社会のブログ-五稜郭お堀
五稜郭のお堀。五稜郭は函館(当時は箱館)開港にともない、外国の脅威に立ち向かうために築造が計画されました。
中学受験社会のブログ-箱館奉行外
箱館奉行所です。五稜郭にあった箱館奉行所は戊辰戦争終結の2年後の1871年に解体され、わずか7年でその歴史的役割を終えました。そしてその約140年後の2010年、4年間の工期をかけて、材料を吟味、最高の技術を駆使して往時の建築を忠実に再現し、ついに復元されました。
中学受験社会のブログ-箱館奉行内部
箱館奉行所の内部です。
中学受験社会のブログ-五稜郭タワー
五稜郭タワーです。五稜郭に隣接する高さ98mの展望塔です。実はこれは2006年に新設したもので、旧タワーはもっと小さく高さ60mくらいでした。
中学受験社会のブログ-五稜郭土方
五稜郭タワー展望室には有名な土方歳三(ひじかたとしぞう)の銅像があります。土方歳三は新撰組の副長として有名ですが、1868年から翌年にかけて行われた戊辰戦争においても、旧幕府軍の軍人として大活躍しました。戊辰戦争の最後の決戦となったのは箱館戦争だったのですが、そこで戦死するまで土方は新政府軍を大いに苦しめました。
中学受験社会のブログ-函館山ロング
五稜郭タワーから見た函館山です。高さ334mでここから見下ろした函館市街地の夜景の美しさは有名です。
中学受験社会のブログ-夜景2
函館の夜景は「世界三大夜景」と言われるほど美しいと言われます。(残りの二つはイタリアのナポリ、香港)


にほんブログ村 受験ブログ 中学受験へ

人気ブログランキングへ

ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村
スポンサーサイト

Comment

Comment_form

管理者のみ表示。 | 非公開コメント投稿可能です。

右サイドメニュー

検索フォーム

ブロとも申請フォーム

QRコード

QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。