Entries

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

合不合判定①の復習

合不合判定①の直し用プリントをupします。
個人としてダウンロードしてご家庭で活用されるのはご自由に。
商用利用はご遠慮ください。



問題

解答

女子用を見て作ったので、男子と微妙に違う場合はすみません。
一通り解き直しをしてからチェック用に使用します。
模擬試験は良問の宝庫なので、復習をきちんとするだけで、かなり力がつきます。
結果がいまひとつだった人は、直しをすれば取り返せるのです。

なかなか社会の得点があがらない場合の原因
知識の定着が不十分・・おそらく小6は夏の講習会で総復習をしたと思いますが、なにぶん範囲が膨大なので、覚え切れていない。→「四科のまとめ」を繰り返し書いて覚える。塾の暗記テストなどは完璧に準備してのぞむ。

演習量不足・・実際のテストでは総合力が必要とされます。つまり従来のYTでは範囲が限定されていました。「鎌倉時代」「九州地方」など。しかし模試や入試では、総合力を問う形式で出題されます。たとえば「外交史」なら、「平安時代の外交~鎌倉時代の外交~昭和の外交」というような形です。時代ごとに整理し、流れをつかんでいないと駄目。より正確な理解が必要とされます。地理も同様。
また設問形式も様々で、素直な一問一答形式で聞いてくれるとは限りません。歴史なら年表問題、史料問題、地理なら統計グラフ、地図問題などひねった形で出題されてくるわけです。
「シリーズ下巻」がいわゆる「縦割り」の単元内容になっています。「産業」「政治史」「外交史」などといった総合学習になっているので、シリーズの学習を手抜きせずにしっかりやることですね。シリーズの解説を読んで、シリーズ練習問題さらに「実力完成問題集」はオーソドックスな良問が多いので、ここで解答能力を鍛えることが出来ます。



にほんブログ村 受験ブログ 中学受験へ

人気ブログランキングへ

ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村
スポンサーサイト

Comment

Comment_form

管理者のみ表示。 | 非公開コメント投稿可能です。

右サイドメニュー

検索フォーム

ブロとも申請フォーム

QRコード

QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。