Entries

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

新潟県長岡市

新潟県長岡市にやってきました。


トンネル

トンネルを抜けると・・・


雪国

やっぱり雪国でした!


新潟県へ向かう新幹線を上越新幹線といいます。ちなみに新潟県へ向かう高速道路は関越自動車道でしたね。



長岡駅

長岡駅前。すごい雪が降ってきた。


消雪パイプです。地下水をくみあげ、道路の雪を溶かします。実はこの長岡市が消雪パイプの発祥の地と言われています。
消雪パイプには問題点もあり、それは地下水をくみ上げすぎることから起こる地盤沈下です。

雪を流すための溝ですかね。




それにしてもすごい雪だ!




信号機は雪国では縦型ですね。積もった雪によって、信号の色が隠されしまわないように。



雪国では電話ボックスもとんがり帽子です。天井に雪が積もらないように。




雪国の住宅は玄関が2階にあるものが多いようです。豪雪だと1階が埋まってしまうのでしょうね。




雁木(がんぎ)ですかね。








幕末長岡藩の家老・河井継之助(かわいつぎのすけ)記念館にやってきました。
河井継之助は幕末、越後長岡藩の家老として、藩政改革、軍制改革を行い、長岡藩を一躍強藩に育て上げました。
北越戊辰戦争では、薩長を中心とする官軍に和平を求めるも、官軍の傲慢な態度に抗戦を決め、3ヶ月以上も戦いました。一度は奪われた長岡城を再奪取するなど、官軍を苦しめましたが、善戦むなしく、膝を打ち抜かれる大怪我を負いました。その後、会津に落ちのび、最後は会津藩領の只見(ただみ)というところで怪我のため死去しました。




継之助銅像。




知る人ぞ知るガトリング砲。手動機関銃で、1分間に2~300発撃てるという。幕末にはアメリカ南北戦争の払い下げ兵器が多く輸入されたが、これは極めつけの最新兵器。当時日本に3門しかなかったガトリング砲のうち、2門を長岡藩が所有していた。継之助の慧眼であった。
長岡城城門前の攻防戦では、家老である継之助みずからガトリング砲を乱射したと言われる。





長岡出身のもう一人の英雄、山本五十六(いそろく)記念館です。
山本五十六は太平洋戦争(大東亜戦争)開戦時の海軍・連合艦隊司令長官として知られる。有名なハワイ作戦(真珠湾攻撃)の発案者としても知られる。

山本五十六は昭和18年に、パプアニューギニアという国のブーゲンビル島上空で、アメリカ軍機の攻撃により、乗っていた飛行機が撃墜され無念の死をとげます。
この記念館ではその時墜落した一式陸攻の翼の残骸を見ることができます。これはすごかった!(記念館内は撮影禁止だったので写せませんでした)



山本記念公園に胸像が立っています。




山本五十六生家。雪で埋まってます。




山本記念公園。雪しかないw





最後に長岡戦災資料館。長岡市は1945年8月に新潟県内で唯一、アメリカ軍による大規模空襲を受け、1400名以上の被害者を出しました。
なぜ長岡が?という疑問は当時からありました。長岡が山本五十六の出身地であることから、真珠湾の報復か?という説もあります。
またアメリカ軍の空襲候補地の選択は、「人口密集地」を狙うというものでした。県内最大の新潟市は原爆投下候補地だったため手つかずにしておく必要があり、必然的に県内2位の長岡市が狙われたのだ、という説もあります。

それにしても全国に残された「アメリカ軍の空襲の爪あと」は本当に悲惨で、許しがたい戦争犯罪と言えます。軍事基地でもなく、工業地帯でもなく、人口密集地をねらって非戦闘員を殺傷するのですから。
よく日本のことを、荒唐無稽な南京大虐殺だの従軍慰安婦だので批判する外国人がいます。が、本当の戦争犯罪はアメリカ軍による無差別都市爆撃やソ連軍によるシベリア抑留ではないでしょうか。戦勝国なら何でも不問に付されるわけではない。いずれ歴史の審判を受けることになるでしょう。












人気ブログランキングへ


ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村
スポンサーサイト

Comment

Comment_form

管理者のみ表示。 | 非公開コメント投稿可能です。

右サイドメニュー

検索フォーム

ブロとも申請フォーム

QRコード

QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。