Entries

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

平安貴族の日常生活

平安貴族の日常生活

中学受験社会のブログ
これは男性貴族の正装で「束帯(そくたい)」といいます。貴族は毎朝なんと午前3時ごろに起きます。起きると、自分の星の名前を7回となえ、その後、鏡を見て健康状態をチェックし、暦を見てその日の占いを行います。占いの結果が悪いと、出かけるのをやめたりしました。その後、西に向かって仏さまに祈ります。次に前日のことを日記に書き(必ず書いた)、軽い朝食をとります。貴族の生活はほとんど占いや迷信に支配されていました。
中学受験社会のブログ
午前7時に出勤し、朝廷で仕事をします。仕事はほとんど儀式的なことで、多くの年中行事に参加するということでした。仕事は午前中には終わり、帰宅した後、本格的な昼食をとります。その後、午後4時ごろに夕食となります。
平安貴族の食事は、見た目は豪華ですが、消化の悪いかたよった食事をしていました。平均寿命は40才~50才ぐらいでした。
中学受験社会のブログ
こわめしという蒸した白米を食べていました。
中学受験社会のブログ
たけのこ、山菜、など。けものの肉は決して食べませんでした。鳥肉はよい。
中学受験社会のブログ
これは「寝殿造(しんでんづくり)」といい貴族の住まいです。池では舟遊びができるようになっています。
中学受験社会のブログ
貴族にとっては遊びや儀式が生活のすべてであったといってもよいくらいであった。室内ではスゴロクや囲碁(いご)、室外では花見、月見、けまりなどをして楽しんみました。
中学受験社会のブログ
中学受験社会のブログ
貴族の女性は十二単(じゅうにひとえ)という服装でした。何枚も同じ形の服を重ねて着ます。
中学受験社会のブログ
十二単は重さ8kg~12kgあったと言われています。重そう。中には20枚も重ね着る女性もいたと言われます。
中学受験社会のブログ
貴族の女性は屋敷の奥の部屋で暮らしていました。暗い部屋でも映えるように、丸顔で白い顔が美しいとされていました。そこで女性たちは、顔全体におしろいを塗って、まゆ毛を抜き、ぼんやりしたまゆをかき、くちびるは小さく赤く塗りました。髪は生涯切ることがなく、7メートル近い長さになりました。
中学受験社会のブログ
実際には貴族の女性たちは、家族以外の男性には顔を見せませんでした。女性は仮に人前に出る時も扇で顔を隠し、口もきかないのがエチケットでした。
男性たちはなんとか女性に近づこうとして、和歌をおくり求愛しました。(思いが通じると顔を見ることができる)

中学受験社会のブログ
貴族の女性は結婚しても実家で暮らし、夫が妻の家に通う「通い婚」がふつうでした。一般的に男性は17~18才、女性は13才ぐらいで結婚していました。
身分の高い女性の周りでは、女房といわれる女官が仕えました。紫式部も清少納言も女房として働いていました。



使用した画像の著作権は独立行政法人 情報処理推進機構(IPA)にあります。



にほんブログ村 受験ブログ 中学受験へ

人気ブログランキングへ

ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村
スポンサーサイト

Comment

Comment_form

管理者のみ表示。 | 非公開コメント投稿可能です。

右サイドメニュー

検索フォーム

ブロとも申請フォーム

QRコード

QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。