Entries

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

H22年立教女学院

「世界地理」について多く出題されました。しかも大問1、大問2と2題分も「世界地理」が占める出題。内容としては、アメリカ、中国、韓国、オーストラリア、サウジアラビア、ブラジル各国の風土、文化、地形、国旗、国旗に使われている色などを問う問題。
しかし小学生にとってはあくまで「日本地理」の学習がメインであり、世界について問われても知らない事項が多かったのではないでしょうか。
「歴史」や「時事問題」はオーソドックスな用語の知識を問うものであり、こちらで確実に学習した知識を答えられたかがポイントになったと思います。


(出題例)日本が清からうばったリヤオトン半島の位置を、地図A~Dから選びなさい。
$中学受験社会のブログ
   

・・・・・・・・・・・B

歴史事件の、地図上の位置を問う問題で、歴史と地理の融合問題とも言えそうです。ちなみに(朝鮮半島を大きな鼻と見立てて)「鼻の大きな魔女の上の牙」がリヤオトン半島だよ、という覚え方をします。
なおリヤオトン半島は、日本が清から「うばった」という表現は( 非合法のような印象を与えますので)歴史の実情を表すのに適切ではありません。下関条約により清から合法的に割譲された領土となります。

(出題例)次のア~エを、時代の古い順に並びかえなさい。
ア、日本の国際連合加盟
イ、韓国との国交正常化
ウ、沖縄の日本への返還
エ、サンフランシスコ平和条約の調印


   ・・・・・・・・・・・エ ア イ ウ

近代史の事件並び替え問題は入試頻出です。明治以降については年代暗記は完璧にしないと対応できません。戦後史については内閣の名前もおさえておきましょう。ちなみにア1956(鳩山一郎内閣) イ1965(佐藤栄作内閣) ウ1972 (佐藤栄作内閣) エ1951(吉田茂内閣)

来年以降については、立教女学院の教育方針として「平和教育」に力を注ぐと宣言しているようです。
今年度入試でも(犠牲者数や実態などで未だ多くの議論がある)南京事件について平然と出題されていました。
そういった傾向から来年度は
(普天間基地問題とからめて)「沖縄」・・・琉球の歴史、沖縄戦など
(日韓併合100年とからめて)日朝関係史、安重根、柳寛順(三一運動の女性闘士と言われる)など。
典型的な「戦後平和教育」路線で出題されるのではないかと予想します。

にほんブログ村 受験ブログ 中学受験へ

人気ブログランキングへ
スポンサーサイト

Comment

Comment_form

管理者のみ表示。 | 非公開コメント投稿可能です。

右サイドメニュー

検索フォーム

ブロとも申請フォーム

QRコード

QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。